ホワイトニング・審美歯科

審美歯科・ホワイトニング

東大阪市長瀬の「たかやま歯科医院」のホワイトニング・審美歯科についてのページです。白くきれいな歯は相手にいい印象を与えます。黄ばみが目立ってきた歯にはホワインニングを、お口の中で銀歯が目立つ際はセラミック素材に取り替える審美歯科をおすすめしています。

歯を白くするホワイトニング

歯を白くするホワイトニング

ホワイトニングとは経年によって黄ばみや着色である歯を削らずに白くする処置です。当院では、各種のホワイトニングをご要望に応じてご提案しています。ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングの3種類があります。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、歯科医院で行うホワイトニングです。薬剤と専用の光照射器を使用することで歯を白くします。通常、1回から2回の通院で歯を白くすることができます。1回あたりの時間は約1時間半です。即効性があり、すぐに白くなります。ただ、効果が持続する期間が短いのも特徴といえます。結婚式などのイベントを控えているなど、目的をもって歯を白くしたい方におすすめです。

【学生キャンペーン実施中】

オフィスホワイトニングが1回通常価格 21,600円(税込)を
いまなら割引で 
さらに、学生の方は、学割 

ホームホワイトニングについて

当院でお口の型を採って、ホワイトニング用マウスピースを作製します。そして、患者さまが自宅でマウスピースを装着することにより、処置を行います。オフィスホワイトニングより費用がかからず、持続性がある点が特徴です。ただ、白くなるまで時間が掛かるため、即効性ではオフィスホワイトニングに劣ります。

より白さを維持したい方に、デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して、いいとこ取りをしたのが、デュアルホワイトニングです。まず、歯科医院でオフィスホワイトニングを行います。そして、自宅ではホームホワイトニングを行っていただきます。するとすぐに効果が現れ、さらに白さも持続します。

ホワイトニングの進め方(デュアルホワイトニング例)

1. ホワイトニング・トレーを作るための型採り

上下の歯を同時にホワイトニングしてしまうと、元の歯からどのくらい白くなったのかわかりづらいため、目立ちやすい上の歯のホワイトニングから始めます。下の歯はのちほど処置します。

2. オフィスホワイトニング

  • (1) 歯を清浄します。
  • (2) 歯面処理用ジェルを塗布します。
  • (3) 専用の光照射器で、歯面を照射。
  • (4) ジェルを洗い流します。

3. ホームホワイトニング

  • (1) 当院で、型採りしたホワイトニング・トレーを装着して、実際に合うかチェックします。
  • (2) 薬剤とトレーをお持ち帰りいただきます。
  • (3) ご自宅で、ホームホワイトニングをしていただきます。

【ホームホワイトニングの手順】

  • 歯みがきをします。
  • ホワイトニング用シリンジのジェルを、トレーに注入。
  • トレーを歯にしっかりはめます。そのまま、就寝します。
  • 朝起きたら、トレーを外して水洗い。
  • トレーをケースに入れて、保管します。

4. 約1週間後に通院

再度、上の歯のオフィスホワイトニングを行います。プロの手で色の調整をし、見た目を整えます。その後もホームホワイトニングを継続してください。

5. 下の歯のホワイトニングを開始

さらに約1週間後から、下の歯のホワイトニングを同時に行います。通常、2~3週間で、白くなった効果を実感していただけます。(効果には個人差があります)

【ホワイトニングの注意点】

  • ホワイトニング中は、着色の原因となるものは避けてください。(たばこ・紅茶・コーヒーなど)
  • トレーは、熱で変形します。お湯ではなく、水で洗浄してください。
  • 一時的に歯がしみることがあります。そのときは、使用を中止し、歯科医師にご相談ください。中断して、しばらくすれば、治ります。
  • ホワイトニング効果の持続期間については、個人差があります。着色理由にもよりますが、白くなった歯が少しずつ、元の色のほうに戻っていきます。半年から1年ごとに定期的なホワイトニング治療の継続をして、白い歯を保つことがおすすめです。

歯を美しくする審美歯科

歯を美しくする審美歯科

審美歯科はかつては芸能人やタレントのイメージがあり、一般人には手の届かないという印象があったのではないでしょうか。しかし、現在では保険適用の効く診療もあります。1歯2,000円~3,000円で金属の詰め物を、白色の詰め物に交換できるのです。

保険診療でも白い歯は可能です

コンポレットレジンを使えば、保険診療内、1歯2,000円~3,000円で、白い詰め物にすることが可能です。コンポレットレジンは硬いプラスチックであり、ご自身の歯と似た色を選びます。型取りが不要なので、その日のうちに治療を完了できます。ただ、材質の特徴で年数が経つと、若干色が変わることは、避けられません。

前歯や奥歯などに虫歯や金属の詰め物があり、気になる場合におすすめします。(ただし、大きな虫歯や詰め物が大きい場合は、セラミック素材の方が見た目や耐久性の面で無難といえるでしょう) 

咬み合わせと考慮した審美歯科治療

咬み合わせと考慮した審美歯科治療

当院では審美歯科に入る前に、まず咬み合わせを検査します。咬み合わせに問題があると、いくら治療で歯の美しさを引き出したとしても、全体の口としての機能が優れないからです。表面的な美しさを追い求めるのではなく、口としての機能性に口元の美しさは大きく関わってきます。

正しい咬み合わせを土台としてさらに、口元の美しさを引き出していく。そのために、噛み合わせの検査を、まず行う。それが当院の方針です。

より自然な歯に~オールセラミック(イーマックス・ジルコニア)

ジルコニアセラミックは、審美治療における最高級のセラミック素材です。人工ダイヤモンドとして知られるキュービック・ジルコニア(CZ)と、よく似た結晶構造をしている材質であり、人工関節にも使われています。

金属より硬く、しなやかで軽く、腐食しないため、金属アレルギーの方にも優しいのが特徴です。ジルコニアは強度に優れ、破損しにくい物質でもあります。見た目は美しく、透明度が高いです。身体親和性に優れ、安全性が高いです。より自然な歯に近い仕上がりをお望みでしたら、ジルコニアをおすすめします。