入れ歯・インプラント

入れ歯・インプラントによる補綴治療

東大阪市長瀬の「たかやま歯科医院」の入れ歯・インプラント治療についてのページです。歯を失った際はそのまま放置せずに、その機能を補うための治療(補綴治療)を受けるようにしましょう。当院では患者さまのご要望に合わせて入れ歯やインプラントの提案をしています。

咬み合わせにこだわった入れ歯・義歯治療

咬み合わせにこだわった入れ歯・義歯治療

当院では、快適に咬める入れ歯を制作しています。
こんなお悩みはありませんか?

「入れ歯と歯茎の間に、物がはさまる」
「入れ歯が歯茎にあたって、痛い」
「笑うとき、入れ歯が気になって、思い切り笑えない」
「入れ歯が、すぐにはずれる」
「口を開けて、しゃべれない」
こんな症状は、入れ歯が合っていないサインです。

入れ歯が合わない理由は、3つ考えられます。
1. 入れ歯の形が変わった場合
2. 歯茎や歯の状態の変化した場合
3. 咬み合わせや舌・筋肉の動きに対応できていない場合

このような場合、入れ歯の調整や修理、場合によっては作り直しが必要です。当院では即日の修理も対応できるケースもあります。まずはお気軽にご相談ください。

保険診療と自費診療の違い

入れ歯には保険適用内で作る入れ歯と、適用外の自費で作る入れ歯があります。どちらもメリットはありますが、当院がおすすめするのは、自費診療の入れ歯です。自費の場合、費用が高く、作るのに時間もかかります。しかし、それを上回るメリットがあるのです。

保険診療と自費診療の違い

自費診療で入れ歯を作る4つのメリット

  • メリット1:素材を選べる

保険の場合、素材はプラスチックや決まった金属に限られます。自費の場合はより薄くて軽い金属床性、フィット感があり、バネのないシリコン製やマグネット装置など、歯の状態とお好みに合わせて、選べます。

  • メリット2:機能性が高い

自費だと時間をかけて、一人ひとりのお口に合う入れ歯を丁寧に作れます。使い続けるときの、お口の痛みや入れ歯のずれ違和感を軽減できます。

  • メリット3:使用感が良い

保険適用内だと素材が決められたプラスチックや金属に限られるので、強度を持たせるためもあり、どうしても厚くなります。お口の中が、せまくなる原因です。自費だと、薄い入れ歯にできるので、使用感が向上します。

  • メリット4:見た目がよいです

保険適用内だと金属部分が目立ったりする入れ歯も、できるだけ、お口に合わせて自然に見えるように製作できます。見た目がよいです。

取り扱い入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険適用で作られる部分入れ歯には、金属のバネ部分(クラスプ)があります。このクラスプをなくしたものが、ノンクラスプデンチャーです。歯茎部分がピンク色のシリコンでつくられています。見た目が自然です。金属より、フィット感があります。シリコンなので、金属アレルギーの心配もいりません。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

強力なマグネット=磁石で取りつける入れ歯です。残っている歯根に1つの極、入れ歯の裏側にもう1つの極の磁石をとりつけ、反対の極の引き合う磁力で固定します。見た目が自然です。バネもありません。使用していてずれることもありません。違和感も少なく、力強い咬みごたえが復活します。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

入れ歯の口に当たる部分が柔らかいシリコンでつくられているものを、シリコンデンチャーといいます。シリコンは柔らかいため、装着感・フィット感がよいのが特徴です。今まで入れ歯が口に当たって痛いというお悩みを抱えた方に、特におすすめです。痛みなく、食事を楽しむことができるようになります。

金属床

金属床

金属床入れ歯とは、入れ歯がお口の皮膚に接する広い床部分に、金属を使った入れ歯です。当院では、床部分の金属にチタンを使用しています。チタンは、金や白金と同程度の腐食しにくさがあり、体に優しい安定した金属です。床部分が薄く、使用感が軽いとのご感想をいただきます。金属なので、食事の温度をよく伝えるのが特徴です。

インプラント治療について

当院ではインプラント治療について、高い技術と実績に自信があります。現在、インプラントには、さまざまな種類が存在します。当院のインプラント治療方針では、まず、患者さんのご要望を大切にし、じっくりカウンセリングと口腔内の状態を把握します。よくご相談のうえ、最適で納得のいくベストなインプラントをご提案いたします。

歯科用CTを用いた精密なインプラント治療

歯科用CTを用いた精密なインプラント治療

インプラントとは歯がなくなった場合に、顎骨に埋め込む人工歯根のことです。インプラント治療は、外傷や歯周病などで歯を失った部位の顎の骨に、人工の歯根(インプラント体)を埋め、そのインプラントに義歯を付ける治療方法です。

外部からは見えない顎の骨への外科手術を伴うため、まず、しっかりとした経験と実績のある歯科医院を選ぶことが大切です。また、顎の骨を3次元的に把握する歯科用CTを持っている歯科医院では、より正確なインプラント治療が行えます。当院では、歯科用CTを備えているため、より精密なインプラント治療が可能です。また、歯科インプラントを手術する際にドリルの挿入方向や深さを規定するためのサージカルガイドも使用しており、とても安全性の高い手術を行っています。

難症例にも対応可能です。

当院では、通常は大学病院でしか対応できないような難症例においても、患者様のお口や顎の骨の状態に応じて、できるだけ、自院において各種の治療法で対応します。インプラントオーバーデンチャーやミニインプラント、サイナスリフトなどの治療を行っています。

インプラントオーバーデンチャー

埋め込んだインプラントを使って入れ歯を固定する治療法です。歯根に固定するので、ずれや違和感が生じません。ご自分の歯に近い感覚で、しっかり咬めるようになります。咬む刺激が顎の骨に伝わるため、歯肉がやせるという入れ歯特有の悩みがなくなります。

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎にインプラントを埋め込むのに顎の骨の厚みが足りないとき、上顎洞に人工骨や自家骨を移植して厚みを確保する治療法です。上顎洞とは上顎奥の空洞のことを指します。本来の骨が足りなくて固定が不十分になってしまうため、インプラントにすることが難しいケースに採用します。骨でない空洞部分に新たに骨を移植して、十分な固定力を確保する治療を行います。