歯周病・予防歯科

歯周病改善のためのケアと予防歯科について

歯周病は細菌の塊であるプラーク(歯垢)が原因で生じる疾患です。そのため、原因となる細菌を徹底的に除去することができれば、歯周病は改善に向かいます。こちらでは東大阪市長瀬の「たかやま歯科医院」が歯周病についてご紹介します。

歯周病について

歯周病について

歯周病の原因となる細菌が潜んでいるのは、歯周ポケットの中や根面に付着した歯石とその周辺です。歯石は、プラークが唾液や血液などからカルシウムを取り込み、細菌の働きにより、石のように固まって石灰化したものです。

歯石の表面はザラザラしていて、細菌が付着しやすいため細菌の温床となります。歯石を除去しなければ細菌がどんどんと付着していき、悪循環が続きます。このようにして、歯周病の症状が悪化・進行していくのです。

歯周病を改善するためには

歯周病を改善するためには

歯周病の直接の原因はプラークです。プラークを除去するためには、歯科医院でSRP(スケーリング&ルート・プレーニング)を行いましょう。SPRとは専用の機械を用いて、根面に付着した歯石を徹底的に除去することです。プロフェッショナルによるSRPで歯周ポケット内の歯石を取りのぞきましょう。

また、歯科医院での処置後は患者さま自身による、毎日の適切なブラッシングを行うことが大切です。歯科衛生士から適切なブラッシング技術指導を受けましょう。定期検診、メンテナンスを怠らないことで歯周病は改善に向かいます。

歯周病と全身の関係

歯周病と全身の関係

歯周病は口腔だけではなく、全身の深刻な病気を引き起こす可能性があります。食べ物・飲み物が食道に入らず、気管に入り込んでしまうことを誤嚥と呼び、高齢者に起こりやすい症状です。歯周病の方が誤嚥したときに肺に歯周病菌が入り込み、それが原因となって肺炎や気管支炎を引き起こすことがあります。また、歯周病は以下の病気との関連性があるといわれています。

動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞

歯周病菌が血管の中に入り込むと、血小板に異常が起こります。血小板同士が集まり、固まりやすくなり、最終的に血栓になります。血栓が血管を詰まらせ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクを高めてしまうのです。

糖尿病

血液中の歯周病菌を退治しようと集まった白血球が、歯周病菌の出す毒素に触れることで、「TNF―α」と呼ばれる物質を出します。TNF―αは血液中のインスリンの働きを妨げてしまう作用があります。これによって糖尿病が悪化するのです。

低体重児出産

歯周組織の中で歯周病菌と闘う免疫機能が、サイトカインという物質を作って炎症を抑えようとします。サイトカインが血液に入り、子宮に達すると収縮させる作用があります。これが早期の出産を促してしまうのではないかと考えられています。

予防歯科

定期検診の大切さ

定期検診の大切さ

歯科医院には病状が出てからではなく、予防のために通うことをおすすめします。特に症状が見られなくても、定期検診を行うことが大切です。

当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っています。ご自身でみがいた際のみがき残しを染め出し薬で染め出し、鏡で確認していただきます。普段の生活でも、日に一度は、鏡を見ながら丁寧なブラッシングを行うとうにしましょう。デンタルフロスの使用もおすすめです。

プロによるクリーニングをおすすめします
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

残念ながら患者さま自身の歯みがきだけでは、どれだけ頑張っても100%完璧に歯の汚れを取ることは不可能です。みがき残しの汚れ(歯垢・プラーク)は歯石となり、硬く歯にへばりついてしまいます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

また、歯石・ヤニ・茶しぶは、いったんついてしまうと、歯ブラシによるブラッシングでは、取り除くことができません。 従来、歯科医院で行われてきた「歯石取り治療(スケーリング)」ですら、すべてを取り除くことは無理なほどです。

そこで、プロである歯科医師・歯科衛生士の手で、定期的に歯を徹底的にクリーニングする、「PMTCによるケア習慣」をご提案します。

  • 1. 超音波器具の振動により、硬くへばりついた汚れをはじき取ります。
    1. 超音波器具の振動により、硬くへばりついた汚れをはじき取ります。
  • 2. 軟らかいゴム・ブラシを回転させ、歯をみがきます。
    2. 軟らかいゴム・ブラシを回転させ、歯をみがきます。
  • 3. 細かい粉を歯に吹きつけ、汚れを吹き飛ばします。
    3. 細かい粉を歯に吹きつけ、汚れを吹き飛ばします。
  • 4. フッ素配合のペーストでみがき、歯を強化し汚れをつきにくくします。
    4. フッ素配合のペーストでみがき、歯を強化し汚れをつきにくくします。

PMTCによるケアにより、歯に本来の白さが戻ります。また、ホワイトニング効果だけでなく、むし歯や歯周病・口臭予防に、高い効果が得られます。特にヘビースモーカーや、お茶・紅茶をよく飲む人は、1回のクリーニングで歯が見違えるほど白くきれいになり、爽快感を味わえます。

  • before
  • after
  • before
  • after
  • before
  • after

むし歯や歯周病の検診とPMTCによる定期的な歯のケア習慣をつける事をおすすめします。3ヶ月ごとのPMTCを心がけましょう。歯のクリーニングについて、いつでも当院までお気軽にご相談ください。

徹底したブラッシングでメンテナンス

歯科医療において一番重要なのは予防です。歯のトラブルが起きないように予防をしていれば、後々痛い思いをせずに済みます。中でもブラッシングについてはしっかり指導させていただくので、初診でいらっしゃった患者様には歯ブラシを無料でお渡ししています。通院の際には毎回、歯ブラシを持参してください。

ブラッシングで大切なのは、どこが汚れるかを自分で理解しながら磨くことです。歯と歯の境目や食べ物が直接当たらないところには、汚れが溜まりやすくなっています。そのようなみがき残しが出やすい部分をピンポイントで磨く必要があるのです。

また、歯並びが悪い部分は、普通のブラッシングでは汚れが落ちません。咬み合わせ部分のみがき方、奥歯のみがき方というように、パーツごとに方法を変えていくことも大切ですが、お口の中の状態に合わせて、工夫したみがき方をすることが必要となってきます。患者さまによって、それぞれ歯並びは異なりますので、ご自身に合った磨き方をアドバイスさせていただています。